2011年10月31日月曜日

PM CMとは 関西発

問い合わせの多い中で!
PM方式とは、プロジェクトマネジャーが建築のプロフェッショナルとしてお客様をサポートする方式です。プロジェクトマネジャーは、お客様が専門工事業者へ直接工事発注される場合はもちろんのこと、他の総合工事業者を発注者の視点から管理して欲しい場合などにも設置することができます。また、施設計画を工夫してお客様の職場の仕事効率をさらに高めたい、またはオフィスの引越移転をスムーズに行いたいといった特定の目的がある場合に、専門知識を持ったプロジェクトマネジャーを設置するのも効果的です。

CM方式とは、分離発注・設計・施工管理を建築主の代行としておこなう建築主の代理人(コンストラクション・マネージャー:以下CMr)によって実施される方式。

といってもなかなかご理解いただけないのが、現状です。

その前に、まず建築ゼネコンとは
施主が事業目的、住居目的、資産運用目的で建てられる構造物が建築物ですが、なぜPM、CMが必要なのか?よく聞く公共事業の談合ってものがありますね、なぜゼネコンは談合するのでしょう?
それは第一優先がいいものを建てるという時代から、利益第一主義になったからです。
公共事業での談合は罪になりますが、民間は罪になりません。
施主様が建築の入札制度をよく知られてやっておられますが、工事の専門家ではないの手抜き工事や勝手な設計変更などされてもまったくわかりません。
大阪でも特命で安くやってもらったわ、『社長とこに頼むより自分でやってよかった』と言っておられた施主様が2か月もたたないうちに地上18階建てのマンションが一気に50CMも沈んで今裁判中です。
いい工務店(ゼネコン)に発注したからよい物が建つのでしょうか?答えはNOです
やすい建築会社(ゼネコン)に発注したから悪いものが建つのでしょうか?これもNOです
どのようなゼネコンにも経験豊かな施工管理技士と訳も分からん施工管理技士がいます。
そこまで、オーナー様はわからないですよね。
またいい施工管理技士がいてもゼネコンの現在の債務内容が悪ければ現場を途中でやめられる
そんなケース多々あります。
また、いろんな工事現場を見かけられますが、T工務店の看板が上がっているがT工務店が1人もいなく、丸投げの現場とか、制服だけ着てるT工務店の人とか素人さんを貶める方法をゼネコンは使います。
当社は実績と調査、現場監理には、絶対的な審査をします。


あなたの、資産をものに変える大事な場面、プロに相談していただけるそれが私どものPM,CMです
当社がお勧めするPM,CM、FMとは
私はトータル的にPMと考えます。(プロジェクト・マネージメント)
まずはオーナー様の事業を成功するためのトータルサポートです
建築計画前から建築後から建物が無くなるまでの状況を踏まえたサポートです。
設計事務所やゼネコンがPM,CMをやっていますが、とてもおかしな話です。
自分が建てるところを自分たちでコストダウンする。それなら誰でもできますよね。
120円のりんごをお客様に200円と言って最後120円にするのですから。
私、が思うに 仕事とはまず個人個人の信頼性と思います。
当社は、PM(プロジェクトマネージメント)専門会社です。
機会があれば、どうぞ顔見がてらご相談くださいませ。
※当社は1,2部上場様の事業推進を優先的にさせていただいてますが、相談なら無料でなんでも
お聞きいたします。お気軽に人と人のおつきあいをいたしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿