2011年10月14日金曜日

TPP環太平洋パートナーシップ協定

こんばんわ
今日は建築にはあまり関係ないのですが、TPPについて私の思いを書こうかなと思います。
関心ある方には重要で興味の無い方にも実をいうと大変かかわりのあることです。
内訳については皆様ご存じのとおりと思いますが?では、だれが得をして誰が損をするのか?
国はもう少し国民に説明をしてアメリカとの折衝に入るべきだと思います。
異常な円高諸外国有利なTPP今の日本にとってはかなりの痛手になるとは思うのですが?
日本製の高質なものと海外からの粗悪なものが関税もなしにまったく自由化されたらいかがなものでしょう。日本の農産物と中東アジアの農産物金額だけの価値観でたぶん消費率も左右されるでしょう。
農産物、魚介類など口に入れるものは子供たちの将来にも影響あるものです。
現在の財政赤字を次の世代に持ち込まない以前に子供たちに正しい暮らし、伝統を継ぐその方が先決に思います。TPPは日本が乗り遅れてるといいますが私は欧米諸国の景気回復の利用のように思えて仕方がありません。輸出産業の方は違う意見とは存じますが。
取り合えず 国はもう少し国民に説明責任があると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿